気になる人

三遊亭円楽の脳腫瘍は悪性or良性?笑点の代役や復帰時期についても

こんにちは!

「笑点」などで有名な落語家の三遊亭円楽さんが脳腫瘍を公表され、療養に入ることが発表されましたね。

腫瘍の箇所が脳ということで、かなり状態が心配されるところでありますが、

病気を治して、また元気にテレビの前に出てきていただきたいですね!

さて今回、三遊亭円楽さんがしばらくお仕事をお休みされるということで、

その復帰時期や三遊亭円楽さんがご出演されている「笑点」の代役が誰になるのかが気になるところですよね!

今回は脳腫瘍がどんな病気なのか、三遊亭円楽さんの脳腫瘍は悪性なのか良性なのか

を含めて記事を書いていきたいと思います。

題して『三遊亭円楽の脳腫瘍は悪性or良性?笑点の代役や復帰時期についても』

以下からどうぞ!

三遊亭円楽の脳腫瘍の症状や治療方法は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

三遊亭円楽さん、脳腫瘍のため療養へ。8月上旬まで仕事を休み、その後は治療の状況をみて判断。 #三遊亭円楽#脳腫瘍

あやなさん(@ayanashuize2018)がシェアした投稿 –

三遊亭円楽の脳腫瘍の症状は?

三遊亭円楽さんの脳腫瘍の症状とはどのようなものだったのでしょうか?

脳に腫瘍ができたときの症状は主なものとして、頭痛、吐き気、視力障害、めまい、しびれなどがあげられます。

今回三遊亭円楽さんがなぜ脳腫瘍があるとわかったかというと、一カ月ほど前から

気分の落ち込みの傾向がみられ、周囲から医師の受診をすすめられたことがきっかけだったそうです。

一口に脳腫瘍と言ってもその症状にはいろんなものがあるようですね。

脳腫瘍の治療方法は?

では脳腫瘍の治療方法としてはどのような方法があるのでしょうか?

脳腫瘍が悪性か良性かにもよりますが、

一般的な治療方法としては手術で腫瘍を切除するか、放射線治療を行うか、

薬物療法を用いるかということがあげられるようです。

今回の三遊亭円楽さんの脳腫瘍に対してもいずれかの治療、

もしくはそれらを組み合わせた治療が行われると考えられます。

三遊亭円楽の脳腫瘍は悪性?良性?

三遊亭円楽さんの脳腫瘍は悪性なのでしょうか、それとも良性なのでしょうか?

脳腫瘍が悪性か良性かというのは、

腫瘍を治療せず放っておいた場合の腫瘍の増大や進行がどのように進むと予想されるかによるみたいです。

そして、悪性・良性の区分は実際に検査によらないとわからないもののようです。

今のところ検査の結果、三遊亭円楽さんの脳腫瘍が悪性か良性かについての情報は入ってきておりませんので、

今後の続報が入り次第追記いたします。

スポンサーリンク

三遊亭円楽の脳腫瘍の治療期間は?

三遊亭円楽さんの脳腫瘍の治療期間はどのくらいになるのでしょうか?

報道によると、幸い早期発見で日常生活もこれまでと同様に送れている

ということで3週間ほどの療養期間だそうです。

思っていたよりも早期復帰だということで個人的に安心しました。

笑点での三遊亭円楽の代役は誰?

三遊亭円楽さんは脳腫瘍の療養のため約3週間お仕事をお休みされるということですが、

ここで気になるのが三遊亭円楽さんが出演されている「笑点」への影響ですよね。

三遊亭円楽さんの代役は一体誰が務めるのでしょうか?

報道によると2019年7月21日放送分については既に収録が終わっているため、円楽さんは出演されます。

ただ2019年7月28日以降は代役を含め検討中とのことでした。

私としては、5代目三遊亭圓楽の弟子から構成される団体である円楽一門会から代役を立てるのではないか?

と予想しています。

三遊亭円楽の笑点の復帰時期はいつ?

三遊亭円楽さんの「笑点」への復帰時期はいつになる予定でしょうか?

療養期間が3週間ということなので、当然「笑点」への復帰時期はそれ以降になると考えられます。

そのため、2019年8月下旬から9月上旬にかけての辺りだと予想します。

スポンサーリンク

おわりに

さて、今回の記事『三遊亭円楽の脳腫瘍は悪性or良性?笑点の代役や復帰時期についても』

はいかがだったでしょうか?

脳腫瘍ということで心配な病気ではありますが、

早期発見であるということ、また療養期間も3週間ほどと短い期間になっていることからも

三遊亭円楽さんの病状はそこまで深刻なものではないと考えられます。

また元気な姿を観れることを楽しみにしています。